40代前半で1人で3人のお子さんを育てられている女性のケース

40代女性

今回は埼玉県在住の40代の女性の転職事例をご紹介いたします。

この方は、新卒で入社した病院を出産を機に退職され、その後は3人のお子さんの子育てを中心に生活されておりました。5年前にご主人と離婚し、地元の調剤薬局の正社員として復帰して年収500万円ほどで働かれていました。

地元の調剤薬局での勤務は働きやすく大きな不満はなかったそうですが、今後のお子さんの学費などによる出費増に備えて年収を増やしたいという気持ちと、薬剤師として長く活躍していくために研修制度などがしっかりした職場で働いてスキルアップしたいという気持ちが強まり、転職活動を開始されました。

しかし、年収アップを希望しているとはいえお子さんもいらっしゃるので年収のために常に夜遅くや日曜祝日まで働いて稼ぐ、というわけにもいかず、なかなか希望に合う転職先が見つからなかったそうです。そんな状況の中で相談を受けた私は、この方が3人のお子さんを扶養していること、ご自宅をご自身の名義で借りていることに注目し、研修制度が充実している大手の調剤薬局の中でも、住宅手当や扶養手当などの福利厚生が特に手厚いとある薬局をご紹介しました

その薬局の面接に行き、店舗を見学しつつ研修や福利厚生の説明を受けた年収アップとスキルアップという2つの希望が両方叶えられると納得し、すぐに入社を決められました。この転職により実質的な年収は500万円から600万円(ベース年収490万円+住宅手当60万円+扶養手当50万円)にアップし、ご家庭と両立しながら社内の研修や外部の勉強会にも積極的に参加してスキルアップに励んでいます。

子どもがいるので勤務時間に制限があるというと、500万円からの条件アップは難しいと諦めてしまうキャリアコンサルタントも多いですが、今回は福利厚生制度の違いに着目することでご希望の条件を叶えることができました。ファーマキャリアでは、このように単に求人データベースを検索するだけでは見つからないような職場もきっちり提案させていただきます。