1. トップ > 
  2. 転職事例一覧 > 
  3. 30代女性(病院→調剤薬局)の転職事例

結婚を機に今後の働き方に悩んでいた

年齢
30代
性別
女性
職種
病院→調剤薬局

現在の状況

  • 当直や夜勤などもある総合病院で病院薬剤師として10年間勤務。
  • 子育てをしながら勤務し続けることが難しく、結婚を機に退職をする人が多い病院だった。
  • 結婚を機に産休育休がとれ、子育てをしながらでも働ける職場に転職したいと考えていた。
  • 今後どのようなライフスタイルになっていくのか、子どもができるのか、できたとすればどのような働き方が望ましいのかなどわからず、雇用形態や勤務時間、年収などの条件に悩んでいた。
  • ほとんどの会社が求人広告で「産休育休は取得できる」「子育てしながら勤務しやすい」と掲載しているため、実際はどうなのかわからず困っていた。

コンサルタントの対応

今回は時短勤務制度の取得可能期間に着目しました。どの会社も同じように思える時短制度ですが、子どもが何歳まで時短勤務が可能かは会社によって異なります。育児介護休業法では子どもが3歳未満の場合には時短勤務を認めることが義務付けられていますが、3歳以上の小学校就学前の子どもについて時短勤務を努力目標に留めています。
会社は、3歳未満の子を養育又は、要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者については、勤務時間の短縮などの措置を講じなければなりません。また3歳から小学校就学前の子を養育、又は家族を介護する労働者については、育児・介護休業の制度又は勤務時間の短縮などの措置に準じた措置を講ずるよう努める必要があるのです。
小さなお子さまのいる状態で、最初から時短勤務を前提に正社員として転職するのは難しくなるため、結婚する前のタイミングでの転職が良いことを伝え、時短勤務制度が小学校卒業時まで取得が可能な薬局をご紹介しました。会社の方針として小学校卒業までの時短勤務を制度化していれば、実際に産休育休の取得や時短勤務制度の利用に際しても安心です。
結果、結婚後の働き方に選択肢ができたこと以外にも、年収が450万円から520万円にアップしました。入社後は無事にご出産され、産休育休を取得し、時短勤務制度を利用しながら勤務していらっしゃいます。時短勤務制度を取得したことにより、短い勤務時間数でパートとして働くよりも高い収入を得ることができていると言います。

転職事例を見る

人材紹介会社を変えた結果、
希望の職場に

年齢
30代
性別
男性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

ブランクがあり不安。
働き方について悩んでいた

年齢
50代
性別
女性
職種
ブランク→病院
転職事例を見る

家族との時間を確保でき、
年収もアップ

年齢
30代
性別
男性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

福利厚生に着目することで年収アップ

年齢
40代
性別
女性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

早期退職で薬局へ。年収アップを求めて再転職

年齢
50代前半
性別
男性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

退職の際に強い引き留めにあい、転職に悩んでいた

年齢
30代
性別
女性
職種
病院→調剤薬局
転職事例を見る

人間関係で悩み転職を繰り返していたものの、やっと希望の職場に

年齢
20代
性別
女性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

大学院に通いながら働ける正社員の求人を希望

年齢
30代
性別
男性
職種
独立支援の調剤薬局
転職事例を見る