1. トップ > 
  2. 転職事例一覧 > 
  3. 30代男性(調剤薬局)の転職事例

家族との時間を確保でき、年収もアップ

年齢
30代
性別
男性
職種
調剤薬局

現在の状況

  • 病院薬剤師として3年務めた後、大手調剤薬局へ。毎日21時まで残業し年収は残業代含めて550万円。
  • 休みの日はヘルプやミーティングがあり月の半分は週6勤務。
  • 結婚を機に家族と過ごす時間を確保したいと考えるようになり、転職を検討するようになった。
  • 家族と過ごす時間を確保したいとはいえ、将来のことも考えると年収を下げるわけにはいかなかった。また、自身のキャリアや転職先の企業の将来性も気になってしまい、今ひとつ具体的な活動に踏み出せなかった。

コンサルタントの対応

私は転職先として、県下で成長中の小規模チェーンが新規出店する予定の薬局をご紹介しました。この薬局の店舗休日は日・祝と木曜日で土曜日は午前中のみの営業のため、現職よりも家族との時間がとれます。そして、薬局にとっては即戦力として将来の中核人材として期待できる大手勤務の30代薬剤師は非常に希少で有望な人材です。そのため、年収はもちろん将来的なキャリアアップにも期待できると考えました。
結果的にこの方は私たちが期待した以上に高く評価され、その薬局の管理薬剤師を任されることとなりました。年収は550万円から650万円にアップ。21時頃までだった勤務時間は概ね19時30分頃までに、週に1日か2日だった休みは木日祝と土曜日午後の週休2.5日となり、ご家族との時間を確保しつつも新店舗の管理薬剤師として精力的に働かれています。
店舗や勤務時間が同じなら誰でも同じということはありません。即戦力として活躍できるか、将来の中核人材になりうる能力があるか、その意志・キャリアプランがあるかなどによって、当然、雇う側にとっての社員の価値は大きく異なってきます。求人票には載っていない雇う側の希望とご本人の将来計画をうまく擦り合わせることで、一段上の条件を引き出すことが可能になります。

転職事例を見る

人材紹介会社を変えた結果、
希望の職場に

年齢
30代
性別
男性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

ブランクがあり不安。
働き方について悩んでいた

年齢
50代
性別
女性
職種
ブランク→病院
転職事例を見る

結婚を機に今後の働き方に
悩んでいた

年齢
30代
性別
女性
職種
病院→調剤薬局
転職事例を見る

福利厚生に着目することで年収アップ

年齢
40代
性別
女性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

早期退職で薬局へ。年収アップを求めて再転職

年齢
50代前半
性別
男性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

退職の際に強い引き留めにあい、転職に悩んでいた

年齢
30代
性別
女性
職種
病院→調剤薬局
転職事例を見る

人間関係で悩み転職を繰り返していたものの、やっと希望の職場に

年齢
20代
性別
女性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

大学院に通いながら働ける正社員の求人を希望

年齢
30代
性別
男性
職種
独立支援の調剤薬局
転職事例を見る