1. トップ > 
  2. 転職事例一覧 > 
  3. 20代女性(調剤薬局)の転職事例

人間関係で悩み転職を繰り返していたものの、やっと希望の職場に

年齢
20代
性別
女性
職種
調剤薬局

現在の状況

  • 人間関係を理由に調剤薬局2年、調剤薬局3年、調剤薬局1年と転職を繰り返されてきた20代後半の女性。
  • これまでの転職活動の際も人間関係を重視して転職先を探してはいたものの「店舗の雰囲気がアットホーム」「面接を担当してくれた管理薬剤師さんが優しそう」というような曖昧な情報で判断するしかなかったため、入社してもうまくいかなかった。
  • 前回の転職の際は人材紹介会社を利用し、担当したコンサルタントの「この薬局の社長はとてもいい人」という言葉で入社を決めたものの、実際にその社長さんと一緒に働くわけではない上、現場の同僚とうまくいっていない状況だった。

コンサルタントの対応

私は、これまでの職場で悩んだ「人間関係」とは具体的に何か、どのような状況でどのような人とどのような問題があったのかを詳しくうかがいました。すると、彼女がこれまで働いた職場全てがパート薬剤師さん中心の人員構成だったこと、入社間もない時期に古参のパート薬剤師さんに嫌われてしまったこと、そこから他のパート薬剤師さんとの人間関係もギクシャクしていったこと、数少ない正社員薬剤師との関係には問題を感じていなかったことがわかりました。
そこで正社員薬剤師中心の人員構成やオープンしてから日が浅く古参の従業員が存在しない調剤薬局であれば彼女もうまくやっていけるのではないかと考え、希望に合う求人をご紹介しました。
結果、正社員3人とパート1人の人員構成で3ヵ月前にオープンしたばかりの調剤薬局に入社することが決まりました。新しい職場では人間関係に悩むことなく楽しく働いているそうです。
人間関係というと曖昧でとらえどころがなく、具体的な問題解決が難しいように思われがちです。そのため、店舗の雰囲気や同僚や社長の性格が良いといった点を強調してしまうコンサルタントが多く存在します。一方で、雰囲気や性格というものは人によって捉え方が異なります。また、たまたま会社の雰囲気に合ったとしても、同僚の異動や入退職で一緒に働く人が変わることで、職場の雰囲気が変わるということもあるのです。
今回のケースではこれまで生じた問題を分解して傾向・原因をつかむことで、具体的な問題解決策を提示しました。オープンしたばかりの店舗であれば彼女と相性が悪い古参の従業員は存在しませんし、正社員中心で運営するという方針の薬局なので、今後、正社員とパートの比率が大きく変わるおそれもありません。比較的短い期間で転職を繰り返されてきた方なので、ぜひ今度は人間関係に悩むことなく長くお仕事を続けていただければと思います。

転職事例を見る

人材紹介会社を変えた結果、
希望の職場に

年齢
30代
性別
男性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

ブランクがあり不安。
働き方について悩んでいた

年齢
50代
性別
女性
職種
ブランク→病院
転職事例を見る

結婚を機に今後の働き方に
悩んでいた

年齢
30代
性別
女性
職種
病院→調剤薬局
転職事例を見る

家族との時間を確保でき、
年収もアップ

年齢
30代
性別
男性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

福利厚生に着目することで年収アップ

年齢
40代
性別
女性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

早期退職で薬局へ。年収アップを求めて再転職

年齢
50代前半
性別
男性
職種
調剤薬局
転職事例を見る

退職の際に強い引き留めにあい、転職に悩んでいた

年齢
30代
性別
女性
職種
病院→調剤薬局
転職事例を見る

大学院に通いながら働ける正社員の求人を希望

年齢
30代
性別
男性
職種
独立支援の調剤薬局
転職事例を見る