他の紹介会社を経由して面接を受けていた30代前半男性

30代男性

この方は、新卒時に入社した調剤薬局で3年間経験を積んだ後、さらなる薬の知識やスキルアップ、キャリアアップを目指し、別の調剤薬局に転職をしました。しかし、転職によって業務量と年収が増えたものの、業務の質はあまり変化していないように感じられたこと、残業代を含む年俸契約をしていたために業務量と残業時間がどんどん増えるのに対し入社後は年収があまり上がらなかったこと、現職の先輩社員などを見てもこれ以上勤続することでのキャリアや年収の向上に期待できそうになかったことなどに不満を感じるようになり、転職活動を開始しました。

他の紹介会社から多数の薬局の求人を紹介されましたが、この方の年収がこの時点で650万円ほどあり、残業代を含んでいるとはいっても30代前半の薬剤師さんとしては高い水準であったため、なかなか希望の転職先が見つからず、転職活動は難航していたようです。

業務内容の質やキャリアの将来性を求めると年収が大幅に下がってしまうし、年収を求めると業務内容やキャリア展望は現職と同じような感じになってしまう上に別に現年収から大幅に年収が上がるわけでもない、という問題が浮き彫りになり、転職活動を諦めかけていました。

私がこの方から相談を受け、現職の状況とご本人の希望を伺ったところ、この方は現時点で月に80時間以上残業しているため年収650万円といっても時間単価は新卒の薬剤師さんとあまり変わらないこと、現職の長時間労働は主に人員不足の穴埋めのために発生していること、この方自身は労働時間が長い事そのものが不満なわけではなく、長時間労働が単に人手不足の穴埋めのためで発展性がなく、年収増や将来的なキャリアアップに期待できないのが不満であること、がわかりました。

この方の場合には、経験と向上心があり、その上勤務曜日等の制約がなく長時間労働を苦にしない薬剤師であることが非常に大きな強みなのですが、その強みをこれまでの担当キャリアコンサルタントがあまり理解していなかったか、担当キャリアコンサルタントがその強みを高く評価してくれる薬局を見つけられなかったことが転職活動が難航した原因だと考えられます。

私は、この方にいくつかの薬局をご紹介し、3社ほど面接を受けていただきました。3社とも、人員不足の穴埋めではなく業務拡大のために経験と向上心とタフさを兼ね備えた薬剤師さんを求めている薬局でしたので、この方は高い評価を受けて現職以上の年収提示を受けました。そのうちの一社では年収780万円で幹部候補として入社し、その後も管理職に昇格すれば更なる昇給が見込める、という破格の条件が提示されその薬局に入社を決めました

現在は、各店舗を周り他の薬剤師の方を指導しながら新店の立ち上げなども行い、幹部社員として社長からも絶大な評価をされ、他の薬剤師の方からも頼られる、会社にとっていなくてはならない存在となっているそうです。

この方のように、薬局や病院などに対して、どこも同じように感じられてしまうという薬剤師の方は多くいらっしゃいます。確かに、同じ人が同じ地域で同じ業種に転職する以上、なんとなく転職活動をしてもそう簡単に良い条件の転職先は見つかりません。その方の強みを理解し、その強みを高く評価してくれる転職先を紹介することが重要です

この方の場合でも、破格の年収提示が出たのはこの方の面接での評価が高かったことが主な理由ではありますが、それだけではここまでの提示が出ることはまずありません。この薬局では店舗の処方箋枚数が好調であることに加え、在宅業務に本格参入する話も出ていたため、土日や遅い時間でも対応可能な薬剤師さんを強く求めていて、そのような薬剤師さんが入社してくれればすぐに事業を拡大できる状況だったこと、この薬局の社長が、相場に関係なく活躍してくれる薬剤師さんには活躍に見合った給与を支払う、という方針の方だったこと、もこの方に高い年収提示が出た理由として重要だったのです。

弊社のキャリアコンサルタントは、ただ漫然と近いエリアの薬局を紹介するだけでなく、薬剤師さんの現状やご希望を伺った上で人材としての強みを理解し、その強みをより高く評価してくれる転職先をご紹介します。ぜひ、積極的にお問い合わせください。

ブランクがあり復職を希望しているが不安な50代前半の女性のケース

 

50代女性
子育てが落ち着いたために復職をご希望されていた、埼玉県在住の50代前半の女性のケースをご紹介いたします。

この方は子育てをしていたため10年ほどブランクがあり、復職した後にどれだけ実務ができるのか不安で働き方を悩んでいました。当然、最初からフルタイムで働くのは難しいので週2,3日パートで働いて慣れた方がいいかと思い、紹介会社や知人からブランク可のパートの求人を紹介してもらっていたそうですが、どこがいいのかよく分からず困っていたそうです。

この方からご相談をいただいた私は、復職して慣れた後の勤務の仕方のご希望を伺いました。ご本人の希望は、できれば正社員として9:00~18:00の週休2日で勤務したいとのことでした。慣れるまでパートで勤務して、最終的に正社員と勤務するには3つのパターンがあります。

  1. まずはパートとして勤務し、慣れたら正社員の求人を探す
  2. まずはパートとして勤務し、慣れたら同じ職場で正社員として働く
  3. 最終的には正社員で働く前提で、パートとして勤務を開始して、慣れたら正社員として勤務する

この方の場合、既にお子さまも独立されており正社員としての勤務をする意志が強いこと、ブランク前は調剤業務を長く担当されていたことから、「最終的には正社員で働く前提で、パートとして勤務を開始」という内容でとある病院を提案することにしました

ブランクがあると復帰に際して不安を感じるものですが、ブランク前に十分な経験のある方の場合、実際には3ヶ月から半年で業務には慣れ、勤務時間を増やすことをご希望されることが多いものです。パートとして勤務してから正社員として転職活動というパターンですと、結果的にブランク明け3ヶ月から半年での短期離職という経歴になってしまうため積極的に受け入れたいという事業所は限られてしまいます同じ職場で正社員に雇用形態を変更すればよいですが、同じ事業所で希望される勤務の仕方が叶うとは限りません

最終的に正社員として働く前提でお仕事を探せば、正社員になってから希望する働き方を事前に確認した上で慣れるまではパートとして勤務できるため、こういった問題を防ぐことができます。この方のケースでは、パートとしての時給も2,300円と他で紹介されていたパートの求人よりも高くなりました。病院としては現状パート勤務の方が多く、正社員として勤務できる人がいればベストという状況であったため、ブランク前に十分経験のある薬剤師さんが正社員になることを前提として入社してもらえるなら少し条件を良くしても構わないということでした。

今回のケースは、子育てによるブランクでブランク前は調剤経験がある方でしたが、ご家族の方の介護や海外留学でブランクのある方、お仕事はずっと続けられているものの企業での勤務が長く調剤業務にはブランクがあるという方の場合でも積極的に受け入れたいという事業所を紹介することが可能です。もちろん状況によって、どのような事業所を選ぶべきか、どういう働き方を事業所に提案していくのがよいかは異なりますので、私たちまでご相談いただければ幸いです

結婚し今後の働き方に悩まれていた30代前半の女性のケース

30代女性

新卒から名古屋市の総合病院に10年間勤務してきた女性薬剤師の方の事例をご紹介します。

病院薬剤師としてやりがいを感じながら勤務をされていたものの、当直や夜勤などもある総合病院であったため、同じ病院内のほかの薬剤師の先輩などが子育てをしながら勤務し続けることが難しく、結婚を機に退職をする薬剤師の方が多い環境でした。ご自身が結婚をすることになったため、産休育休を取得して、子育てをしながらでも勤務し続けやすい職場を希望して、転職活動を始めました。

しかし、ご本人が今後どのようなライフスタイルになっていくのか(子どもができるのか、できたとすればどのような働き方が望ましいのかなど)を現段階において決めることができない状況であったため、転職活動においても雇用形態や勤務時間、年収などの条件を具体的にどうしたいのか決めることができずに悩まれていました。

また、どの事業所でも「産休育休は取得できる」や「子育てしながら勤務しやすい」と求人広告には記載してあるので、どこが実際によいのか分からない状況でした。そこで、相談を受けた私は、時短勤務制度の取得可能期間に着目しました。どこでも同じように思える時短制度ですが、子どもが何歳まで時短勤務が可能かは会社によって異なります。育児介護休業法では子どもが3歳未満の場合には時短勤務を認めることが義務付けられている一方で、3歳以上の小学校就学前の子どもについて時短勤務を努力目標に留めています。

事業主は、3歳未満の子を養育し、又は要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者については、勤務時間の短縮等の措置を講じなければなりません。
また、事業主は、3歳から小学校就学前の子を養育し、又は家族を介護する労働者については、育児・介護休業の制度又は勤務時間の短縮等の措置に準じた措置を講ずるよう努めなければなりません。

小さなお子さまのいる状態で、最初から時短勤務を前提に正社員として転職するのは難しいので、このタイミングで時短勤務制度が小学校卒業時まで取得が可能な薬局をご紹介しました。法律上の義務である3歳まで、努力目標である小学校入学までではなく、会社の方針として小学校卒業までの時短勤務を制度化している会社であれば、実際に産休育休の取得や時短勤務制度の利用に際しても安心です

結果的には転職時のご年収も450万円から520万円にアップすることができ、入職後は産休育休を取得した後、時短勤務制度を利用しながら勤務していらっしゃいます。時短勤務制度を取得したことにより、短い勤務時間数でパートとして働くよりも高い収入を得続けることができ、無理なく子育てとの両立をしながら、現在は2人のお子さまのママさん薬剤師として勤務し続けていらっしゃいます。

薬剤師さんは半数以上が女性ですので、家庭や育児と仕事との両立は大変重要です。産休育休や時短制度について知識として知っているだけでなく、薬局・病院の育児と仕事との両立に対する姿勢を薬剤師さんのキャリアと結びつけて考えられるキャリアコンサルタントをお勧めします

毎日残業がある環境でご結婚された30代前半の男性のケース

30代男性

今回は、大手の調剤薬局で正社員として働いていた神奈川県在住の30代前半の男性のケースをご紹介いたします。

この方は病院に3年間お勤めの後、大手の調剤薬局に転職され、年収は残業代含め550万円ほどでございました。いつも21時前後まで残業し、休みも他店舗へのヘルプやミーティングなどで潰れがちで月の半分くらいは週6日勤務という多忙な日々を送っていました

独身の頃は忙しい中にもやりがいを感じられていましたが、一年ほど前に結婚し、奥様と過ごす時間をもっと確保したいと考えるようになり、転職を検討するようになりました。

ただ、家族と過ごす時間を確保したいとはいえ、将来のことも考えると年収を下げるわけにはいかず、また今後の自身のキャリアや転職先の企業としての将来性も気になってしまい、今ひとつ具体的な活動に踏み出せなかったそうです

そんな中で相談を受けた私は、この方の希望を満たす転職先として、県下で成長中の小規模チェーンが新規出店する予定の薬局店舗をご紹介しました。

この薬局の店舗休日が日祝と木曜日で土曜日は午前中のみの営業だったため現職よりも家族との時間がとれますし、成長中の小規模チェーンにとっては即戦力としても将来の中核人材としても期待できる大手勤務の30代薬剤師は非常に希少で有望な人材であるため、当初年収はもちろん将来的なキャリアアップにも期待できると考えたからです。

結果的にこの方は面接で私たちが期待した以上に高く評価されその薬局の管理薬剤師を任されることとなり、年収が550万円から650万円にアップ、21時頃までだった勤務時間は概ね19時30分頃までに、週に1日か2日だった休みは木日祝と土曜日午後の週休2.5日となり、ご家族との時間を確保しつつも新店舗の管理薬剤師として精力的に働かれています。

店舗や勤務時間が同じなら誰でも同じということはありません。即戦力として活躍できるか、将来の中核人材になりうる能力があるか、その意志・キャリアプランがあるかなどによって、当然雇う側にとっての社員の価値は大きく異なってきます。求人票には載っていないような雇う側の薬局・病院の希望とご本人の将来計画をうまく擦り合わせることで、一段上の条件を引き出すことも可能になります。

40代前半で1人で3人のお子さんを育てられている女性のケース

40代女性

今回は埼玉県在住の40代の女性の転職事例をご紹介いたします。

この方は、新卒で入社した病院を出産を機に退職され、その後は3人のお子さんの子育てを中心に生活されておりました。5年前にご主人と離婚し、地元の調剤薬局の正社員として復帰して年収500万円ほどで働かれていました。

地元の調剤薬局での勤務は働きやすく大きな不満はなかったそうですが、今後のお子さんの学費などによる出費増に備えて年収を増やしたいという気持ちと、薬剤師として長く活躍していくために研修制度などがしっかりした職場で働いてスキルアップしたいという気持ちが強まり、転職活動を開始されました。

しかし、年収アップを希望しているとはいえお子さんもいらっしゃるので年収のために常に夜遅くや日曜祝日まで働いて稼ぐ、というわけにもいかず、なかなか希望に合う転職先が見つからなかったそうです。そんな状況の中で相談を受けた私は、この方が3人のお子さんを扶養していること、ご自宅をご自身の名義で借りていることに注目し、研修制度が充実している大手の調剤薬局の中でも、住宅手当や扶養手当などの福利厚生が特に手厚いとある薬局をご紹介しました

その薬局の面接に行き、店舗を見学しつつ研修や福利厚生の説明を受けた年収アップとスキルアップという2つの希望が両方叶えられると納得し、すぐに入社を決められました。この転職により実質的な年収は500万円から600万円(ベース年収490万円+住宅手当60万円+扶養手当50万円)にアップし、ご家庭と両立しながら社内の研修や外部の勉強会にも積極的に参加してスキルアップに励んでいます。

子どもがいるので勤務時間に制限があるというと、500万円からの条件アップは難しいと諦めてしまうキャリアコンサルタントも多いですが、今回は福利厚生制度の違いに着目することでご希望の条件を叶えることができました。ファーマキャリアでは、このように単に求人データベースを検索するだけでは見つからないような職場もきっちり提案させていただきます。

男性50代前半の方で製薬会社30年から調剤薬局5ヶ月のケース

50代男性

千葉県在住で、50代前半の男性の方の転職をサポートさせていただいた事例をご紹介します。

この方は、製薬会社に30年間お勤めになった後、早期退職して薬局でご勤務されていました。しかし、年収は製薬会社時代の1,000万円から500万円に半減してしまいました。

前回の転職活動の際は、自分には調剤の経験がないので年収半減も仕方ないと納得はしていたものの、実際に年収が半減してみるとご自宅のローンやお子さんの学費などで毎月赤字ギリギリの生活となり、ご自身もご家族も将来に不安を感じるようになってしまったそうです

再度転職活動を開始されましたが、調剤経験がほとんどないAさんが大幅に給与アップできる求人は少なく、たまに給与アップ可能な求人があっても勤務地や勤務時間が特殊だったりすることが多く、希望の転職先が見つかりませんでした。そんな中でサポートさせていただくことになった私が注目したのが年齢給です。年齢が給与算定の鍵になる薬局であれば、調剤経験がほとんどないこの方でも無理なく年収アップできると考えました。調剤薬局各社の給与制度を調べ、調剤経験年数や勤続年数による給与加算よりも年齢による加算の比重が大きい薬局を紹介いたしました。

この転職によりAさんの年収は500万円から650万円にアップするだけでなく、頑張り次第では更に昇給できることとなり、大変満足していただけました。

このように、闇雲に求人を探しても希望の転職先を見つけるのが難しいケースであっても、各社の給与制度とその背景にある考え方を把握した上で相談すればご希望が叶う場合もあります。ご自身で求人を見たり、既にエージェントを使ってお仕事を探されたりしていて、希望に合う条件がないと思われている方も是非一度ご相談ください。

現職が忙しく転職したいが退職が受け入れられずに困っている40代女性のケース

40代前半女性2現職が忙しく転職したいが退職が受け入れられずに困っている40代の女性薬剤師さんのケースをご紹介します。

この方は、調剤薬局で5年勤務後、結婚出産による10年のブランクを経て、現在は調剤薬局で正社員として勤務して5年目の方でした。現職は慢性的な人手不足で残業が多いため、帰宅が遅くなったり休日に突然出勤せざるを得なくなったりして、家族から不満が出ていました。

ご本人も現職に入るときはここまで忙しくなるとは思っていませんでしたし、もっと家庭のための時間を取りたいと考えて現状の改善を現職に訴えてきましたが、「もうちょっと待って。」と言われるばかりでなかなか改善されません。

そんな状態が何年も続き、さすがのこの方も残業の疲れと家族からの不満に耐えられなくなり退職願を社長に渡したのですが、「みんな大変なのにこんな勝手なことをするなんて何を考えているんだ。非常識すぎる。退職は認めない。」と強い口調で言われ、退職願も突き返されてしまいました

何年も我慢してきたのに非常識で勝手だと責められてしまったこの方はもうどうして良いかわからず、「私が非常識なのかな。退職を認めてもらえるまでは我慢するべきなんだろうか・・・」と転職を諦めかけていたそうです。

すっかり落ち込んでしまったこの方から相談を受けた私は、法令上は現職が許可しなくても退職を申し出てから2週間で退職可能であること、法令はともかく一般常識としても退職を申し出てから1ヶ月~3ヶ月ほどで退職できるのが普通であり、人手不足な中で何年も前から状況の改善を訴えつつ勤続してから退職を願い出たことは勝手でも非常識でもないことを説明していきました

自分が退職しようとしたことがそう非常識なことではないと分かり、少し気を取り直されましたが、やはりまだ現職に退職を申し出るところまでは思いきれないようでした。そこで私は、まず転職活動をして良い転職先を見つけてから現職に退職を申し出ることを提案しました。

この方に限らず、薬剤師業界では現職からの引き止めにより退職まで数ヶ月かかってしまうという方が珍しくないため、採用する側も「いい人が入ってきてくれるんだったら入社まで多少待つのは仕方ない」と考えていることは多いのです

この方の希望に合う転職先の中から、退職の時期が不透明で入社が早くとも数ヶ月後になってしまうことにご納得いただける薬局を何社かピックアップし面接を受けていただいたところ、その中のとある薬局がご本人の希望にピッタリで、面接の場で入社が決まったそうです。その薬局ではちょうど半年後に産休に入る予定の方がいるため、それまでに入社してくれれば良いとのことでした。

それから現職との退職交渉に臨まれましたが、以前と違って「自分は非常識な申し出をしているわけではない。」という自信がありましたし、既に入社したい転職先が決まっていたことにより「○○薬局で働くために退職する」という前向きな気持ちになっていたため、落ち着いてはっきりと退職を申し出ることができたようです。

そうなると現職の方も退職を受け入れざるを得ず、事前に思っていた以上にすんなりと退職が決まり、無事に転職することができました。

この件に限らず、既に転職先を決めた薬剤師さんが時期や理由も明確にした上ではっきりと退職を申し出たにも関わらず強硬に退職を阻止されたという事例はそう多くはありません現職の方としても、辞めることを決めている人に嫌がらせのように引き止めを続けても無意味なので、そんなことに労力を費やすより辞めるまでの間できるだけちゃんと働いてもらったり引き継ぎに協力してもらった方が得なのです

「どうせ今は辞められないし」と転職活動を諦める前に、是非一度私たちにご相談ください。

人間関係で悩み転職を繰り返してきた女性のケース

20代女性
20代後半の女性で、調剤薬局2年、調剤薬局3年、調剤薬局1年と転職を繰り返されてきた方のケースをご紹介いたします。

この方はこれまで働いた職場全てで人間関係に悩み、それを理由に転職を繰り返されていました。もちろん、これまでの転職活動の際にも人間関係を重視して転職先を探してはいたのですが、「店舗の雰囲気がアットホーム」だったり、「面接を担当してくれた管理薬剤師さんが優しそう」というような曖昧な情報で判断するしかなく、入社しても結局うまくいかなかったとのことです。前回の転職の際には人材紹介会社を利用され、担当したキャリアコンサルタントの「この薬局の社長はとてもいい人」という言葉で入社を決められましたが、実際にその社長さんと一緒に働くわけではなく、現場の同僚の方とはうまくいっていない状況でした。

今回、転職サポートを担当させていただくことになった私は、この方がこれまでの職場で悩んだ「人間関係」とは具体的に何か、どのような状況でどのような人とどのような問題があったのかを詳しく伺っていきました。その結果、彼女がこれまで働いた職場全てがパート薬剤師さん中心の人員構成だったこと、入社間もない時期に古参のパート薬剤師さんに嫌われてしまったこと、そこから他のパート薬剤師さんとの人間関係もギクシャクしていったこと、数少ない正社員薬剤師との関係には問題を感じていなかったことがわかりました。

私は、それなら正社員薬剤師中心の人員構成やオープンしてから日が浅く古参の従業員が存在しない調剤薬局であれば彼女もうまくやっていけるのではと考え、合致する求人情報を探し、ご紹介しました。複数の求人情報の中から、正社員3人とパートさん1人で3ヶ月前にオープンしたばかりの調剤薬局の面接を受け、経営者の方と管理薬剤師の方の話を聞いた上で、入社することを決めました。新しい職場では人間関係に悩むことなく楽しく働いているそうです。

人間関係というと曖昧でとらえどころがなく、具体的な問題解決が難しいように思われがちで、店舗の雰囲気や同僚や社長の性格がよいといった点を強調してしまうキャリアコンサルタントも多く存在します。しかし、雰囲気や性格というものは人によって捉え方が異なりますし、たまたま合ったとしても同僚の異動や入退職で一緒に働く人が変わり職場の雰囲気が変わるということはよくあります

今回のケースではこれまで生じた問題を分解して傾向・原因をつかむことで、具体的な問題解決策を提示できました。オープンしたばかりの店舗であれば彼女との相性が悪い古参の従業員は存在しませんし、正社員中心で運営するという方針の薬局さんなので今後正社員とパートの比率が大きく変わるおそれも限定的です。比較的短い期間で転職を繰り返されてきた方なので、是非今度は人間関係に悩むことなく長くお仕事を続けていただければと思います。

大学に通いながらも勤務をしたい30代前半男性のケース

30代男性
社会人学生として大学に通われている大阪府在住の30代前半の男性のケースをご紹介いたします。

この方は将来的にご自身で薬局を開業するために社会人学生として経営大学院で勉強されており、週2回から3回の講義とそのための勉強の時間を確保しながらも開業のための資金を貯めることをご希望でした。

しかし、正社員としての採用となると勤務場所や勤務時間の調整が難しく、いくつかの紹介会社に登録したものの紹介された求人は時給制の契約社員やパートの募集ばかりでした。これでは開業資金を貯めるために希望していた収入は到底稼ぐことができず困っていたそうです。

この方からご相談をいただいた私は、授業が夜間であり、かつ予め授業の予定が分かっているため、契約社員やパートでなくてもシフト制であれば正社員の募集であっても十分に対応が可能ではないかと考えました。この方の場合には、将来的にご自身での開業を考えられているということで、積極的に独立支援を行っている調剤薬局をご紹介しました。結果的に年収650万円+授業料の一部を手当として支給(月額1万円×年間12か月)という条件で、正社員として入職することができました。

現在も学校に通いながら、勤務時間中も独立するために必要なノウハウを薬局の方から具体的に学びながら、精力的に勤務されています。

キャリアコンサルタントの多くは、働ける時間や曜日に制限があると言われるとパートの求人だけに検索条件を絞ってしまいがちですが、勤務パターンや事業所の事情によっては正社員としての雇用が十分に可能なケースもございます。パートではなく正社員として働けないのかとお悩みの方も、是非私たちまでご相談ください。