1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. キャリア > 
  4. 一つに絞るのはNG。人材紹介会社を選ぶ時の注意点

一つに絞るのはNG。人材紹介会社を選ぶ時の注意点

人材紹介会社の利用を考える際、どこの人材紹介会社を利用するべきか迷う方が多いと思いますが、特別な理由がない限りは、一つの人材紹介会社だけに登録することは避けるべきです。

最近では、大手人材紹介会社から利用する人材紹介会社を一つに絞るように強要されたという話をお客様から伺うことが増えました。今回は人材紹介会社を選ぶ時の注意点について解説します。

人材紹介会社を一つに絞らない

人材紹介会社はそれぞれ、求人が集まりやすい得意な求人分野が存在します。例えば、大手調剤薬局系列の人材紹介会社はグループ内の調剤薬局の求人が強い、医療系会社の傘下のグループ会社は病院求人が強い等です。一見、自分の希望する業種が得意な人材紹介会社だけに登録すれば良いように思いますが、この判断はかなり難しいため、おすすめしません。

そもそもサイトに得意な求人分野を載せていないうえ、いくらサービスサイトで得意分野をうたっていても、実際は異なることがあるからです。

それに加え、人材紹介会社を比較、検討するには意外に時間がかかります。比較、検討する時間があれば複数の人材紹介会社に登録した後、各コンサルタントから転職先を紹介してもらった方が効率的です。様々な求人から選ぶことができるうえ、時間も有意義に使うことができます。以上のことから、人材紹介会社は一つには絞らず複数、利用することをおすすめします。

求人数に騙されない

人材紹介会社の多くは、求人数の多さを誇り、他社よりも優位性があるように見せています。しかし、薬剤師求人サイトの求人数の謎のコラムでも記載した通り、サイトに記載されている求人数はあてになる数字ではありません。薬剤師の募集状況は変化しやすいため、本当に良い仕事を見つけるためにはその都度、最新の募集状況を確認していく必要があります。

それゆえ、求人数が多いから利用するという考えはやめておいた方が良いでしょう。なおファーマキャリアでは、最新の募集状況を都度、確認したうえで求人をご紹介していますので、安心してご利用いただけます。

自己中心的なコンサルタントに注意

冒頭でも記載しましたが、最近、自分の会社以外の人材紹介会社の利用をやめるよう、強要してくるコンサルタントがいます。人材紹介会社のほとんどは、成果報酬型といって実際に転職が決まってからではないと薬局や病院等の医療機関から報酬をもらうことはできません。

自身が転職をサポートしていた薬剤師さんが、他の人材紹介会社経由で転職が決まってしまったら、これまでいくら転職サポートをしていたとしても、一切報酬を得ることができないのです。こういった理由により、コンサルタントの一部は、自分の会社で転職活動をするよう強要してくるのではないかと考えられます。

こういったコンサルタントの多くは、より良い求人の提案をしてくることはほとんどありません。転職する薬剤師さんのために努力するのではなく、他社のコンサルタントを排除することばかりに時間を使っているからです。企業側との交渉に時間をかければ良いものの、悪い噂を流すことだけに神経を注いでいます。

どこの人材紹介会社を利用するかはあくまでも薬剤師さん自身で決めること。しかし、人材紹介会社を一つにするよう強要してくるコンサルタント がいた場合は、そのコンサルタントの言うことを鵜呑みにしない方が良いでしょう。人材紹介会社を一つに絞ることは、転職する薬剤師さんにとっては何のメリットもなく、コンサルタント側のメリットしかないことを念頭に入れておきましょう。