1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. キャリア > 
  4. 働いている薬局がM&Aされるとどうなるの?

働いている薬局がM&Aされるとどうなるの?

近年、薬剤師さんから「転職先はMAされない薬局がよい」や「今の勤め先が買収されそうで不安」というお話をよく聞きます。今回はMAとは何か、どういう薬局がMAされにくいのか、MAされるとそこで働く薬剤師さんにどのような影響があるのかを紐解きます。

そもそもM&Aとは

M&A(エムアンドエー)とはMergers and Acquisitionsの略で、企業の合併と買収という意味です。薬剤師さんが「勤め先がMAされる」という場合には、「勤め先が買収される」という意味で使われていることが多いようです。

小さな薬局はM&Aされやすいのか

MAされる」「買収される」というと、「大きなチェーンに小さな薬局が無理やり買収される」というイメージを持つ人が多いようですが、そのイメージは少し異なります。確かに、企業買収は大きな企業が自社より小さな企業を買収することが多いので、小さい薬局の方が買収される可能性は高いと言えます。

しかし、大手を除くほとんどの調剤薬局は基本的に株式を公開していないオーナー企業なので、大手の薬局にいくらお金があっても買収先の経営者の意図に反して強引に買収するということは困難です。小規模な薬局でも、経営者が売ろうとしない限りはまず買収されないのです。

大手の薬局ならM&Aされないのか

前述の通り、企業買収では大きい企業が小さい企業を買収することが多いので、どちらかと言うと大手の方が買収される可能性は低いと言えます。しかし、大手の調剤薬局であってもMAされないとは限りません。調剤薬局やドラッグストアとしては業界大手でも、他の業界にはもっと規模が大きい企業がたくさんありますので、それらの企業にMAされる可能性があります。

実際に、調剤薬局やドラッグストアの業界でも、流通・小売系の大手企業や商社等が影響力を強めてきています。また、会社丸ごとのMA以外にも、大手の薬局が事業戦略の都合等により一部の店舗のみを他社に売却したりすることは珍しくありません。近年では、業界の準大手同士が合併して一気に最大手の一角を狙う大規模合併も増えています。大手の調剤薬局やドラッグストアで働いていても、MAされないとは限らないのです。

勤め先がM&Aされると従業員はどうなるのか

「自分の勤め先がMAされる」となれば不安に感じる方がほとんどだと思いますが、実際に勤め先がMAによって買収されたら、働いていた薬剤師さんたちはどうなるのでしょうか。「給与が下げられるのではないか?」「辞めさせられるのではないか?」と心配する方が多いですが、実際にクビになったり給与が大幅に下げられたりするケースは少なく、多くの薬剤師さんは買収された後も買収以前と概ね同じ条件で働き続けています。

企業や店舗を買収したからといって買収先の従業員をむやみに解雇したり給与を大幅に引き下げたりすれば法的な問題が生じる可能性がありますし、そもそも調剤薬局は大手も中小も基本的に薬剤師が不足気味な状況なので、買収された側の調剤薬局の薬剤師が退職しないよう配慮する傾向があるのです。これまで同地域の同年代の薬剤師さんと比較して極端に良い条件で働いていたような場合には、将来的に雇用条件の変更を突きつけられるかもしれませんが、それでも買収から数年間はそのままの条件で働けることがほとんどで、中には買収されたことによって店舗の設備やシステムが刷新された、福利厚生が向上した、キャリアパスが豊富になった等、メリットを感じている人もいます。

ただ、買収によって社風や人間関係等が変化してしまう可能性は高いですし、「のんびりした薬局だったのに大手に買収された後は在宅業務を開始して忙しくなった」や「他店舗へのヘルプを求められるようになってしまった」等、不満を感じる人も少なくないようです。

買収される会社によっても社風や買収時の待遇、その後の働き方等は違いますので、「現職が買収されることになってこの先どうなるのか不安だ」という方は、是非弊社のコンサルタントにご相談ください。買収される予定の会社の社風や、過去にその会社に買収された薬局の薬剤師さんの待遇はどうなったか等、弊社が把握している情報をお伝えいたします。