1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. キャリア > 
  4. 東京で給与を上げるにはどうすれば良いか

東京で給与を上げるにはどうすれば良いか

東京の薬剤師さんが転職で給与をあげるための最大のポイントは何なのでしょうか。長時間労働をする、掛け持ちで働く等はすぐに思い浮かぶ選択肢ではありますが、その他にはどんな選択肢があるのでしょうか。

やる気とスキルのあるコンサルタントを見つける

東京の薬剤師さんが転職で給与をあげるための最大のポイントは、「やる気とスキルの両方を持つコンサルタントと転職活動をすること」です。

東京を含む首都圏や大阪等の大都市は新卒や若手の薬剤師さんが非常に多く、薬剤師さんを雇う側としては安くて質が良い労働力を確保しやすい地域なので、薬剤師さんの給与の相場は低くなっています。 とはいえ、東京でも、立地や営業形態、業務内容や事業の状況等によっては人出不足で困っている薬局がしばしばあります。

また、薬局ごとに給与制度や評価基準が違うため、経験重視の薬局もあれば勤続年数重視の薬局もありますし、中には年齢や経験よりもとにかくやる気重視の薬局もあり、同じ薬剤師さんを紹介しても薬局によって提示される給与はかなり違います。

ですから、薬局の募集状況や給与制度と、薬剤師さんの人柄や経験や諸条件がうまくマッチすれば、東京でも高い年収が提示されるのです。実際に私たちがご紹介した薬剤師さんの中にも、転職によって東京で大幅な年収アップを実現した方が多数いらっしゃいます。(関連記事:人材紹介会社を変えた結果、希望の職場に

大都市の転職活動は手間と時間がかかる

しかし、無数に薬局が存在する東京で多くの薬局のタイムリーな募集状況や評価基準の違いを調べ、採用担当者と条件交渉を行い、好条件の内定を取得するのは簡単ではありません。薬剤師さんご自身で上記のように多くの薬局の情報収集や条件交渉を行うのは時間や手間がかかりすぎて難しいですから、紹介会社を利用してコンサルタントに代行してもらうのが効果的なのですが、ここで「やる気とスキルの両方を持つコンサルタントと転職活動をすること」が重要になってくるのです。

コンサルタントにとっても、薬局数が多い東京等の大都市では各薬局の情報収集をするだけでもかなりの手間と時間がかかりますし、相場が厳しい中で給与アップを目指すとなるとなおさら大変です。だからこそコンサルタントには手間や時間を惜しまずに大量に情報収集を行うためのやる気と、大量に収集した情報を有効活用して好条件に結びつけるためのスキルの両方が必要で、両方が揃って初めて東京での給与アップが可能になるのです。

やる気とスキルがないコンサルタントは多い

「やる気とスキルの両方を持つコンサルタント」と聞くと、そんなの両方持っていて当たり前だろうと感じる方も多いと思いますが、大変残念なことに、人材紹介の世界ではやる気もスキルもないコンサルタントは決して珍しくないのです。それどころか、やる気かスキルのどちらかでも持っていればまだ良い方で、両方を持っている者は少数派といってよいでしょう。

やる気のないコンサルタントは、薬剤師さんが東京での給与アップを希望すると「やっぱり東京ですから、600万円は無理ですね。500万でも相場よりは高いくらいですよ」という具合に安易に妥協を促してきますし、それでも妥協しない薬剤師さんに対しては「この人は言うことを聞いてくれないワガママな人だ」と判断して露骨に手を抜いてきたりします。

スキルがないコンサルタントは、希望を伝えると「はい、そうですね!ではご希望通りの求人情報をご紹介します!」と返事は良いのですが、いざ紹介された求人を見てみると希望と全く違うものばかりだったり、薬剤師さんから質問をしても返答が見当違いだったりして、話が一向に進みません。

せっかく紹介会社を利用しても、コンサルタントがこれでは好条件の転職先に巡りあうことは難しいですから、こういう担当にあたってしまったらすぐに利用する紹介会社を変更し、やる気とスキルのあるコンサルタントを見つけて後悔のない転職活動にしましょう。