1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. キャリア > 
  4. 地方の薬局は必ず年収が高いのか

地方の薬局は必ず年収が高いのか

薬剤師さんの場合、東京や大阪等の大都市よりも地方で給与が高めになる傾向があります。そのせいか、薬剤師さんの中には、北国や離島等不便な地方に行けば行くほど給与が高額になるというイメージを持つ方もいますが、そう単純ではありません。ものすごく田舎なのに給与が安いというようなことは珍しくないのです。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

需要と供給のバランス

まず、なぜ地方だと薬剤師さんの給与が高くなるのかということを考える必要があります。基本的に、需要に対して供給が少ない状況、つまりその地域に必要な薬剤師さんの数に対して実際に働く薬剤師さんの数が少ない場合に薬剤師さんの給与が高くなりますので、ものすごく田舎で薬剤師さんが少なくても、患者さんや薬局も少なくて需要と供給のバランスがとれていれば給与は高くなりません。

逆に言えば、そこまで田舎でなくとも、エアポケット的に需給のバランスが崩れている地域であれば高年収が期待できるわけです。実際、大都市近郊である関東地方や近畿地方にもそのような地域が複数あり、そう経験豊富とも言えない薬剤師さんに驚くような高額年収が提示されています。高年収を得るために、必ずしも山奥や離島に行く必要はなく、意外なほど近くで年収アップができることもあるのです。

高年収の地域を自分の探すのは大変

しかし、需給バランスが崩れている地域というのは地方や県といったような大きな単位で存在するのではなく、市や町等のもっと小さな単位で存在する場合が多く、その時々で地域の需給バランスが変化するため、薬剤師さん自身が公式な統計データ等のオープンな情報から高年収地域を見分けることは難しいでしょう。そこで、私達コンサルタントの出番となります。

コンサルタントは広域にわたって継続的に薬剤師さんの求人を扱っているため、今どのあたりのエリアで需給バランスが崩れていて、どのくらいの年収が出るのかということを把握しています。現在のお住まいから通勤可能な範囲はもちろん、「年収は上げたいけど寒い地域や生活に不便な地域は避けたい」「年収は上げたいけど実家の○○市まで一時間程度で行ける場所で働きたい」「平日はともかく休みの日は東京で遊びたいから都心まで1時間半くらいで行けてできるだけ高年収がよい」等、その方のご希望や生活面での条件に合わせて高年収の求人をご案内できると思います。一度、近隣の情報収集をしてみるのも面白いかもしれません。